美容の基本と生活のなかでの学習

良い循環をもたらす美容 以前外国の美容のテレビ番組があり、30歳近くになっても化粧をしたことがないという人がいました。その人を美しくするという番組でしたが、結果的には、確かにまるで別人のようになりました。その人は、若い頃に容姿のことで周りからいろいろ言われて、それ以来美容がトラウマになったということでした。しかし、その後、正しい指導を受けて、美しく変身したという結末でした。そこから学ぶことはいろいろあります。まず美しくなるのは技術だということです。

最近のインターネットなどの動画でも美容の動画が多いですが、メイクなどでも元の顔とメイク後の顔では別人という場合も多いです。それは、まさしく顔をメイクしている、作っているということになります。ですので、美しくなるためには努力が必要ということになります。とくに、自分の土台に対しては、自分こそが一流になるということが必要です。

また、精神的な面も重要で、先ほどの女性のように、トラウマにまでなってしまうとなかなか立ち直れません。精神的な面も美に関して強めるということも必要です。自信を持つということですが、もともとメイクなどもファッションも化けるということが基本ですので、自分がいちばん美しくなる高見はどこまでか、どこまで登れるかということも目標にすべきかもしれません。ある意味芸術なのかもしれません。

ピックアップ