美容と健康と習慣の考え方

良い循環をもたらす美容 美容と健康ということでは、メタボやダイエットということがイメージされます。美しくなるということでは、全体的なバランスを、外側から見てちょうど良い状態だと美しき見えます。しかし、ダイエットをしなければならない状態やメタボの状態は、外側から見てもバランスが良くありません。それは脂肪が多くなっているということなので、健康的にも悪いということで、生活習慣病なども引き起こします。美容にも健康にも悪いということになります。

遺伝や体質的に太るという人もいますが、だいたいは栄養過多ということで、今の日本の社会を見ても、美味しいものばかりがあります。また、ストレスの解消には刺激が必要になりますが、それが食べ物に行くと太るということに繋がります。やけ酒ややけ食いなどですが、そうなると、ますます太ることになります。習慣化してしまうからです。

また、今までは食べる量が一定だったのが、あるショックなどでやけ食いをしてしまうと、その上限が外れてしまい、たくさん食べないと我慢できなくなりますし、強迫観念のようなものが出てしまい、お腹が空かなくても、食べ物を口の中に入れてしまうということにもなります。また反対の場合には拒食症にもなります。食べ物の味覚の刺激をよく理解して、習慣を改めるのが最初にすべきことです。

ピックアップ